2016年度分「自立援助ホーム支援助成」のご案内

真如苑は、開祖伊藤真乗(しんじょう)の生誕100年を記念する「Shinjoプロジェクト」の一環として、真如苑立教の地・立川のある東京都多摩地域を対象に「市民活動公募助成」を9年前から始めました。加えて8年前より「児童福祉施設支援助成」を始め、5年前からは「児童福祉施設支援助成」から「自立援助ホーム支援助成」を独立して関東地域に助成対象地域を広げ、さらに昨年度からは助成対象地域を全国に広げて、より重点的かつ広域的に助成をさせていただくことといたしました。
近年、児童虐待などにより青少年が健やかに育つことをはばむ状況が深刻化しています。当苑としてもこの問題に何かしらお役に立つことができないかと考えてきましたが、「児童福祉施設支援助成」の取り組みを通じて自立援助ホームの厳しい現状を認識するにいたり、自立援助ホームに特化した助成事業を強化したものです。
過去8年間に全国の自立援助ホームから110件のご応募をいただき、のべ101件(ホームの実数は48ホーム)に助成させていただきました。この助成事業を通して、青少年の自立を支えていく活動に少しでもお役立ていただければ幸いです。皆さまのご応募をお待ちしております。

概要

応募対象: 全国で事業を進める児童福祉にかかわる自立援助ホーム
申請受付期間: 平成28(2016)年1月8日(金)〜1月15日(金)消印有効
助成金額: 1ホームあたりの助成上限金額 50万円

対象

●全国で事業を進めておられる児童福祉法に定める児童自立生活援助事業として運営される「自立援助ホーム」

助成内容

【平成28(2016)年度中の事業ないし活動】
助成内容は特に限定せず、入所児・入所者の福祉や就学・就職などに寄与するか、職員の資質向上・意識啓発・福利増進に要する費用を助成します(事業費はもとより、設備費、管理費、人件費なども含めて助成します)。ただし、助成によって具体的で明確な成果が確認できる事業であることを助成の条件とします。

申請方法

●申請時に必要な書類
(1)「自立援助ホーム支援助成」申請書(以下よりダウンロード)
(2)施設のパンフレット
(3)直近の事業報告書、決算書
申請書(WORD) / 申請書(PDF)
●申請書類受付期間
平成28年1月8日(金)〜1月15日(金) 当日消印有効。事務局まで郵送下さい。
(審査の都合上、受付期間を過ぎた申請は受け付けられませんので、ご注意下さい)

助成金額

助成総額は900万円を予定。申請事業1件あたりの助成金額は最高50万円まで(助成額は「万円単位」です)。同一団体が経営する異なるホームからのご応募は可能です。
(助成にあたり自己負担は求めませんが、50万円以上の計画の場合、残額のご負担をお願いします)

申請できる支出科目

上記申請書の予算書では、以下の科目に従って、予算の構成をご記入ください。科目によっては一定の制約がありますので、ご注意ください。

科目 内容
1.人件費 事業実施に伴う事業従事者の人件費
(補助申請事業費総額=助成申請額ではなく、総事業費=の33%が上限)
2.旅費交通費 事業実施に必要な電車、タクシー代などの交通費および宿泊費(ただし、日常的な活動で必要な交通費は助成額には含められません)
3.通信運搬費 事業実施に必要な電話などの通信費や郵送、宅配便などの運搬用費用
4.印刷製本費 事業の広報に必要なチラシ作成や成果報告に関する印刷費など(団体自体の広報宣伝用の印刷物や団体自体の報告書の作成費は含められません)
5.消耗品費 事業実施に必要な文具や日用品など
6.消耗備品費 事業実施に不可欠な備品の購入費・リース料など
7.資料収集費 事業実施に必要な資料などの購入費
8.会議費 事業実施に必要な会議室料など(事務所などの敷金や家賃は含められません)
9.保険料 事業実施に必要な保険料
10.諸謝金 事業で支払われる講師謝金など(過度に高額な謝金は認められません)
11.雑費 事業実施に必要な支払手数料などの諸経費

書類審査(1次審査)と面接審査(2次審査+情報交換会)

(1)書類審査(1次審査)
今回は最大24ホームを上限に面接審査を実施する申請事業を選考させていただきます。25施設以上のご応募があった場合、@助成によって具体的で明確な成果が確認できる申請かどうか、A申請額に過大な積算がないかどうか、B他の申請者に比べて過去の助成履歴が多いかどうか…などをふまえ、総合的に審査します。なお申請書の内容について、不明点を電話などで問い合わせをさせていただく場合があります。その節はご協力をお願い致します。
(2)面接審査(2次審査+情報交換会)
今年度は、下記の日程、会場で実施します。なお、多くの自立援助ホームの関係者が集われる機会を活かすため、面接審査を午前中に終え、午後から審査員の先生方も交えた情報交換会を実施します。ご都合のつくホームの皆さまは、是非、ご参加ください。
また東京都以外の地域のホームに対しては、関東地域(茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、埼玉県、神奈川県)と山梨県のホームに対しては一ホームあたり往復15,000円、それ以外のホームに対しては往復20,000円、ただし北海道と九州・沖縄地域のホームに対しては往復30,000円を上限に旅費の実費を、それぞれお支払いいたします。遠隔地のホームでは旅費負担が多額となりますが、ご了解をお願い致します。

【日時】

平成28年2月11日(木・祝)10時〜15時(面接審査は12時半まで)
申請書に記された面接希望時間をもとに時間を調整して、面接時間をご連絡いたします。
書類審査の結果通知および書類審査に合格されたホームの面接日時通知は、1月26日(火)までに発送いたします。到着日は少し先になります。


【場所】

曙バスターミナル 2F 会議室
(JR立川駅北口から徒歩8分。面接日時通知書とともに地図をお送りします)


【審査方法】

今年度からホームからの説明は省き、1ホームにつき15分以内の質疑応答を審査員が行う形式とします。なお情報交換会参加希望ホームは面接時間を遅めにします。


【情報交換会】

面接審査後の昼食休憩後、13時15分〜15時まで、選考委員の先生を交えて情報交換会を実施します。

選考委員

選考において、客観性と公平性を維持するため、助成審査委員会を設け、委員会メンバーが審査・選考にあたります。
助成審査委員会のメンバーは以下の通りです。(敬称略)
  • 早瀬 昇(社会福祉法人 大阪ボランティア協会 常務理事)
  • 平戸 ルリ子(東京家政大学 人文学部 教授)
  • 山縣 文治(関西大学 人間健康学部 教授)
  • 長塚 充男(真如苑 教務長)

選考結果のご通知

最終の選考結果通知は、平成28年3月9日(水)までに文書で全応募者に発送いたします。(お手元に届くまでには、数日、要する場合があります)。また、助成先に選定された団体は、「Shinjoプロジェクト」のホームページにて公表させていただきます。

助成対象に選定された場合の手続き・ご留意事項

選考結果通知後の予定は、以下のとおりです。

  • ●助成決定後の予定
    平成28年3月9日(水) 助成決定通知を発送
    平成28年3月22日(火) 助成金支払に関する確認書類の助成事務局提出締切日
    平成28年4月28日(木) 助成金の支払い
    平成28年4月1日
    〜平成29年3月31日
    (事業実施期間。事業完了後、1ヶ月以内に事業完了報告書をご提出ください)
    平成29年4月30日(日) 事業完了報告書の最終提出締め切り
  • ●助成金は、確認書類を平成28年3月22日(火・消印有効)までに提出していただいた後、指定の口座に真如苑より振り込みいたします。3月22日までに確認書類をお送りいただけない場合は、助成を実施いたしませんので、ご注意ください。
  • ●助成期間中に活動経過を問い合わせしたり、取材もしくは活動を見学させていただく場合があります。ご了解ください。
  • ●助成事業に関する案内や開催要項などを発行された際や、成果物や報告書が完成した際、あるいは新聞などで活動が紹介された場合には、随時、助成事務局にもお送りください。
  • ●助成対象団体は、助成事務局が別途定める様式に従って、助成期間終了後、速やかに実績報告書を提出していただきます。報告内容で、不適切な経費支出があったと認められた場合には、交付した助成金の全額又はその一部を返還いただく場合があります。
  • ●納品書、領収書、書類の現物などの提出を求めることがあります。
  • ●助成事業を中止したり申請内容を変更する状況になった場合は、速やかに事務局にご相談ください。相談のないままに申請内容を変更された場合、適否を判断した上で、事情に応じて助成金の精算ないし返還を行っていただく場合もあります。一方、やむを得ない事情で事業執行が遅れ27年度内に事業が完了しない場合、年度を越えて事業を進めることを認める場合があります。
  • ●助成事業の実施にあたり、当該事業の案内や開催要項などには、必ず「真如苑助成事業」と明記していただきます(「Shinjoプロジェクト」などの表記は避けて下さい)。また団体名称・助成事業名の真如苑ホームページでの公開ならびに報告書の提出・成果の公表に同意していただきます。

お問い合わせ先

真如苑「Shinjoプロジェクト」市民活動公募助成事務局
〒190-0015 東京都立川市泉町935-27(真如苑・社会交流課内)
Tel : 042-538-3892 (直通)
Fax : 042-538-3841
E-mail : koubo@shinnyo.org
URL : http://shinjo-project.jp/